FC2ブログ
Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by 名も無き文官 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リリアノ考察

Posted by 名も無き文官 on 10.2010 かもかて考察 0 comments
※ご大層に「考察」などと銘打ってありますが、
要は自分が各ルートをクリアした感想や、それについて考えてみた事を
とことん主観(むしろ独断と偏見)で書き散らしているだけです。
セリフの書き出しなどもしているので、盛大にネタバレしまくりです。
さらに、キャラクターへの印象をぶち壊してしまうかもしれませんので、
閲覧の際にはご注意下さい。※
リリアノ・ランテ=リタント=ヨアマキス

オープニングでしょっぱなから「お主が王になること、万に一つもありえぬ」とバッサリされるわ、「うるせえ、なら目指してやるよ!」とばかりに王になる宣言すれば大事なことなので二回言われるわ。
でもこの時好友上がってたりするんですね。その意気や良しってことですか。
反骨精神バンザイ。
逆に王になんかなるつもりないですと言えば好愛が上がるという。
王としてあることを第一に考えて、それに縛られてるなーという印象を受けました。口調は男っぽいし王としての態度を前面に出してくるんで分かりにくいですけど、中身はどこまでも母親ですよね彼女。
主人公が引きこもってると様子を見に来るし、何かとアドバイスもしてくれるし、ヴァイルやタナッセの事も心配してるし。
ヴァイル憎悪Aで抱き寄せるところとか、『人として王として』で我が子に対する思いを語るところとか。
ポジティブなところでは『たまの孝行』とか。
まあ主人公は無理矢理連れて来られたわけだし、ヴァイルに関しても弟を止められなかったことの負い目があるからかもしれませんが。
最も好きなイベントは『特別なお昼』でしょうか。意外とお茶目です陛下。

しかしまあ、四代関係のイベント拾っていくと泥沼なこと…。
「あの人の気持ちが分かると思ったが…」とか、「お主だったのか」とか、これってネセレのことですよね多分(同じ名前を名乗ると好愛下がるし…)。
弟であるイルアノの件だって、四代のせいでもあるけど三代だった祖父のせいでもあるし、突き詰めれば印持ちの自分のせいでもあると。どうすりゃいいのこれ…。しかもローニカまで絡んでくるし。トドメに弟からは「憎んでいた」宣言とかもつれこじれってレベルじゃないぞもう…。ヴァイル母が生きてればちょっとは違ったんだろうか。
王として生きなきゃならないし、実際そうあろうと努めているし、周りも彼女の功績を認めているんだけど、王でないリリアノ自身は王というものをどう思っているんだろうなあ…。厭ってはいないらしいけどそれは本心か?と。
何を目指した訳でもなく、何を行いたかった訳でもなく、ただ与えられた仕事をこなしただけだというのは本人の口からも聞けますね。
色んな事情が絡んで、一種の自殺願望持ち…?
でも王の間は自殺なんて出来ないし死ぬわけにもいかないし。
あ、だから大体のEDでは王から解放された後はあっさり神の国に行ってしまわれるのかorz
息子が引き止めたら留まってくれそうな気もするんだけどなー
でもoumi氏から「薄々感づいているが、自分ごときが口を出せるものではないと考えている」とのお墨付きが。
ヘタレ覚醒しろ。
お前がやらなきゃ誰がやる! むしろクレッセさんも引きずって来い!
親子合わせて「諦めんなよ! どうして諦めるんだそこで!」三人目。
ああ、ままならない人たちだ…

愛情、またの名をクレッセさんごめんなさいルートでは、リリアノさーん好きだーと猪突猛進してくる主人公をあしらいつつも最終的にはほだされちゃったのかと。押し切ったな主人公。
人生で三回目くらいに困らせてすいません。
でもイベントとED回収のためには(以下略)。
『告白』時は当然その乳に顔を埋めさせて頂きました。
最後の日では「女にはなれぬ」ときっぱりお断りされたけど、母になってくれる気はあったのかとなにげに感動しました。かーちゃん…。
中の人は「むしろ母でもいいよ!」と思ったのですが、主人公は「ヤダヤダ恋人がいい」状態でしたね。プレイヤーと主人公の解離現象。
場合によっては「こんなに想っているのに振り向いてくれない、なら…」と思い詰めた主人公が印象を反転して殺害EDに派生。かもかてではよくあること。
愛情では結局どちらのバージョンでも神の国コースなんですよね。
王を継いだAだとやや長生きしてくれるようですが、それでも駄目だったか…。
多分主人公がちゃんと王の仕事をこなしているのを見届けて、これなら安心だと思った時点で逝ってしまわれたのかな。(暗殺者の単語が出てこないから自然死か…?)
いっそ暴君になれば止めてくれるか?と思ったけどそれは望まないだろうしなー。
Bでは一緒に隠居状態。でもやっぱりすぐ神の国コース。
二人きりかと思いきや、まさかのローニカ同行で吹きました。
ローニカお前もか。主人公が頼んだのか彼が頼み込んだのか。
しかし印持ち同士が額を合わせるのがそういうことらしいのでアレですが、
何というかギリギリでクレッセさんに操を立ててるのかなーとも思えました。

友情ルートでも神の国コースの多いこと…
BもCも嫌いではないのですが(我が友よって台詞が好きです)、やっぱりAが凄すぎた。共通イベントや『継がれゆく世代』でのモゼーラさんとのやり取りが格好良いよ。両者引かないよ。
間に挟まれてる主人公涙目。何も言えない。
きっと茶の飲みすぎでお腹がタプタプになっていたに違いない。
そしてここでモゼーラからハッキリ「理想なんてないんじゃないのか」と突きつけられて一念発起、「ならお前らがこの先どうするか見てやろうじゃないか」となると。きっと暗殺者なんてそれこそ小指一本で追い返したんだな。
主人公とヴァイル、どちらが王になっても影日向から助けてくれるし。
ヴァイルが王だった場合も「お主、理想はあるか?」とか聞いてるかも。
新たな生きがいを発見して、ある意味王だった時よりも輝いてそうです。
彼女のEDの中ではこの友情Aが一番好きかな。

生きがいで続くのが憎悪ルート。
タナッセの自爆とリリアノの逆恨みのダブルアタック。自分でも言ってますが。
でもまあ王であることを曲げてまで自分の手元に置いておいた一人息子(そのせいでひねくれたり神業に走ったりするわけなのでもう救いが無いってレベルではない…)を、自分の手で処刑しなければならなくなったというのはもう皮肉な話どころじゃないですよね。憎まれるのも納得できるというか。
主人公から見れば、無理矢理王城に連れて来られた挙句、長い間嫌味や皮肉を言われ続け、とうとう殺されかけたんだから当然の権利を行使しただけで、なんで逆恨みされなきゃならないんだという。理不尽極まりない。
「お主にとっては理不尽な話だが」って自分でも言ってますが(二回目)。
最後の日で主人公が彼女のどてっ腹に短剣を抉り込むと笑って見せますよね。
その上「やはりお主なのか」と意味深な発言。
主人公のことをネセレの再来(生まれ変わり?)と思って、これまで自分がしてきたことがようやく返ってきたと納得したってことでしょうか。主人公の手でこうなるのを待ち望んでたというか。
神の国に招かれずに済むと言うのは、ネセレ(とリリアノに思わせた印持ちの主人公)が帰ってきたように、死んだとしても神の国には行かず、どこかですぐ生まれ落ちると確信したってことなのだろうか…。分からん!
刺さなかった場合も、あくまで王としての態度を崩さないんですよね。その徹底っぷりが凄くもあり空恐ろしくもあり物悲しくもあり。
言ってることは不穏極まりないんですけどね。
要は「王やめたら復讐してやるから覚悟しろよ、逆恨みでも知るか(超意訳)」ってことですし。
実際、主人公が王になろうがなるまいが隠棲しても口出ししてきますし。
あれ、このパターンはどこかで…と思ったらタナッセ憎悪Bだよ。
やっぱり親子だね!

裏切りは思っていたよりもあっさり流された気がする。
案外ほっとしてたんじゃないかなーとか思いました。
殺害も殺害で冷静すぎる。殺る気満々の相手を前にして、一年待てとかさすがの貫禄。そこに痺れる憧れる。
憎悪ルートもそうですが、たとえ薄皮一枚だったとしても、あくまで表向きは王としての態度を貫けるのが凄いよなぁ。

しかし毎度毎度長くなってしまうのは何とかならないだろうか…。
かもかてが深いから悪いんですよね、うん、きっとそうだ。


  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

名も無き文官

Author:名も無き文官
『冠を持つ神の手』への印愛・印友がゲージ突破した勢いのままブログ…もとい日誌への記録を開始。
時々存在が消失しますが、本格的に行方不明になった場合は王城にまつわる知ってはいけないアレとかコレを掴んだために謀殺されてしまったのだと思って下さい。

検索フォーム

本家本元(応援中)

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。